ライトシェア・デュエットを詳しく解説してみたよ。

「ライトシェア・デュエット」は、肌に優しく痛みを感じにくい医療レーザー脱毛機です。

半導体を用いた近赤外線の医療レーザーである、「ダイオードレーザー」を搭載しているタイプの医療器具となります。
このダイオードレーザーはメラニン色素とケミストリーし、高温となり毛を生み出す部分に劇的な損傷を食らわせます。

こちらは、他のレーザータイプのものよりも全く痛くない!と声高らかに言ってもいいほど。
痛みが心配な方には嬉しい脱毛機ですね。

またライトシェアデュエットには「HSハンドピース」と「ETハンドピース」の、2種類のハンドピースが搭載されているところが特徴です。

「デュエット」の名は、ハンドピースが2つあることから名づけられました。

HSでお腹、背中、太ももなどの広い部位、ETで顔などの細かい部位を脱毛するので、部位に適した施術が可能です。
また日本人はメラニン色素が多い人種なので、ライトシェアデュエットは日本人に合った脱毛機だと言えますね。

しかし逆に色が黒めの肌の方や日焼けが好きな方には、痛みや火傷などのデメリットが出る可能性が増えてしまいます。

こういった方は、メラニン色素に働きかけないタイプの脱毛機をチョイスする方が良いでしょう。

またシミやホクロなど、部分的に色素沈着を起こしている部分の脱毛はできないことも注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です