スネイプ愛

「ハリーポッター」シリーズはすごく有名で、知っている方も多いと思いますが、私自身も原作小説、映画ともに大ファンです。

ぜひ一気見をしてみたいと思っているくらいです。
やはり長編なので、なかなか叶いませんが、一度はトライするのが夢です。

私が最も好きなのは、「セブルス・スネイプ」

スネイプ先生(^○^)
私はこれほどまでに愛に生きたヒトを知らないと思います。

正直全てを知った今となっても、正義の味方では決してないし、けっこう嫌なやつなんだはというのをぬぐい切れない部分もあります。

自分勝手で、どうしようもなくて、それでも純粋すぎるほどの愛に生きたスネイプ。
私にはとっても魅力的なキャラクターで、一番好きなのです。

スネイプは、ホグワーツ魔法技術学校の魔法薬学の教師で、スリザリンの寮監督。ハリーの両親とは同級生でした。

ハリーの父親・ジェームズとは因縁があるらしく、父親そっくりのハリーに対してもきつくあたります。

最初のころは普通に嫌なやつだなくらいに思っていました。そして、重要なキャラクターになるなんて思いもしませんでした。

ハリーたちへの嫌がらせをものすごくするし、マルフォイたち、スリザリンびいきもすごいし、なんやねんこいつというくらい。

ハリーたち助けて、でも嫌なやつ。
何なんだろうと。

そして、ダンブルドアを殺し、ストラッシュ脱毛サロンに寝返ったときには、衝撃的で、スネイプ最悪とプチパニック、幻滅してしまいました。

え、本当に敵だったんだと。

実はいい人だと期待させられるようなシーンも多かっただけに、本当に嫌なやつで、敵で、驚きもしました。

「死の秘宝」ですべてが明るみに

スネイプはハリーに「本当の僕を見てくれ」と言い、死にかけながらも、ハリーに憂いの篩に入れる記憶を託します。

スネイプの恵まれたとはいえない幼少期、ハリーの母親・リリーとの出会い、スネイプ先生の恋、ハリーの父親・ジェームズとの因縁、そして、ハリーたち一家を襲った悲劇の後にリリーを見つけ、泣き叫ぶ様子。

ダンブルドア先生に頭を下げ、リリーのためにハリーを守ることを誓う様子。
ハリーたちが襲われたワケは、スネイプにも。
リリーさえ助かればいい。

ヴォルデモートの狙いは自分を脅かす存在となると予言されたハリーであったので、リリーを殺す必要はないのです。

ヴォルデモートの配下にあったスネイプは、リリーを殺さないこ約束で、ハリーたちの住処を伝えてしまったのでした。

けれどもヴォルデモートにはそんな情けはなく、リリーはハリーのために自らの命を散らせるのでした。

それを知ったスネイプは絶望し、リリーへの償いのため、ダンブルドア先生への忠誠を誓うのです。ハリーを身を挺して守ると。

自分勝手、信じられないと思う部分もありますが、リリーが好きで、好きで、愛しているスネイプ先生はリリーが全てでした。
リリーさえいればいいのです。

自分の傍にいてほしいとすら、思っているかどうかもわかりません。
本当にただ、リリーを愛している。

究極の愛。決して報われることのない愛。そして、どこまでも償い切れない償い。
その自分勝手なまでの愛は永遠でした。

わたしが二番目に好きな映画はトトロ

この映画も家族愛、姉妹愛、お互いを思いやる気持ちに気づかせてくれる大切な映画です。

姉のさつき、妹のめい。
やさしいお父さん、からだの弱いお母さん。

同級生のおともだち、かんた。かんたのおばあちゃん。出てくるキャラクター全てが優しい気持ちを持っていて、ほっこりとします。この映画で忘れてはいけない、映画のタイトルにもなっている、トトロ。ものすごく可愛い。

いまではトトロのショップも大人気ですよね。

世界で愛されるほどの映画。トトロやネコバスといった現実から離れたキャラクターだけど、映画に入り込ませてくれる。

めいちゃんがトトロに初めて出逢うシーンは忘れられません。

トトロが大きな口を開けて、大きな声でトトロと名前を叫んで、だんだんめいちゃんも眠くなってしまった、さつきに起こされたときにはトトロはもう目の前にいなくて、森のなかを何度も走ってさつきにトトロを会わせようとするけど、見つからないシーンにもほっこりとします。

めいがまっくろくろすけと出逢うシーンもほっこりとします。

いちばん胸打たれたのは、母が入院する病院から電話があり、めいちゃんがお母さんにとうもろこしを渡そうと思っていた中で、さつきとはぐれてしまって一人で行き迷子になってしまうシーンです。

親を思う子の気持ちが全面に出ていて感動しました。

父が乗るバスを待っている間にトトロが現れて、どんぐりを手渡しするシーンもジーン・・・。

トトロの二人を思う優しさが溢れていたシーンだと思います。最後は、お母さんが入院する病室の窓の木に座り眺めていましたが、その後さつきとめい、トトロ、お母さんとお父さんがどのような人生を過ごしているのかも気になります。トトロの最後の結末はネットでもいろいろな噂がありますよね。長い間ずっと愛され続け、日本でおさまらず世界でも愛され続けているトトロは本当にすごいと思います。

レイロールで青ひげ処理

今回は私の彼氏が通っているレイロールについて迫ってみます⭐️

現在レイロールという脱毛サロンに通っています。

ここは男性専用のサロンなので、女性に会うことはなく恥ずかしがらずに通えるのでおすすめですよ。

ただし、スタッフに何名か女性がいるのでそこは諦めるしかないでしょう。

実際、カウンセリングは女性に担当してもらいました。

私は青ひげが目立つので、鼻下とあご、ほほの脱毛希望。

スタッフさんにひげというか顔をまじまじと見られて恥ずかしかったですよ。

照れてもしょうがないのですぐに顔が赤くなってしまう人も覚悟していきましょう。

施術は光脱毛で、本当に一瞬にして終了します。

施術の時間よりもお冷やしの時間の方が長いのではないかと思うほどです。

施術時の痛さが気になりますよね。
率直に言って、あごはかなり痛いです。

これは最高レベルで照射しているからかもしれませんが、顔を歪めるくらい痛いです。

以前、痛みは回数を重ねれば慣れると誰かが言っていましたがそんなことはないと思いますね。

鼻下とほほは全く痛くないです。

2回目の施術ですでに薄くなってきたので、かなり効果は高いと思います。

青ひげで悩んでいる人は一度カウンセリングに行ってみてはどうでしょうか。

やっぱりエステよりクリニックで脱毛でしょ(^_^)

医療脱毛と言えばクリニックで行われるレーザーのこと。

美容皮膚科併設のクリニックだとレーザーやってること、多いですよ。

どこか他の場所へ移動して脱毛するのではなく同じクリニック内で施術が行われるので、何か困ったことが起きて不安になっても医者がいるから安心です。

施術の場所はクリニックによりけり。多くは診察室から遠くない部屋で脱毛施術が行われていますよ。

レーザー脱毛はもう当たり前なんですよね。

エステ業界ではレーザーは使っちゃダメでレーザーの代わりに使ってるのがフラッシュ。

フラッシュはレーザーに比べ痛みが弱いですが、毛根を弱らせるだけの施術だから永久的ではないんですね・・・。

レーザーは脱毛箇所によっては強い痛みがあるけれど痛みと引き替えに毛根が死んでむだ毛の悩みがほぼなくなります。

どっちをとるかは自分次第。
永久的な脱毛効果が欲しいならクリニックをオススメします。

脱毛サロンで脱毛するときはサロン側の言うことをちゃんと聞きましょう。

聞く耳を持たないと後々トラブルになりやすいです。

この頃脱毛サロンのキャンペーン価格が安くなりすぎて誰でも気軽に施術を受けられるようになったけど、メリットばかり考えているとこんなはずじゃなかったということになりがち。

安さにつられて脱毛サービスを受けたことを悔いなちゃダメ。

そのためにはサロン側の説明をしっかり聞いて脱毛にはメリットもデメリットもあると理解することが重要。

毛根にダメージを与えるという施術で肌にまったくダメージがないなんてそんないい話はないんですね・・・。

たとえば、肌色が濃かったりほくろがたくさんあったりするとフラッシュの影響を強く受けますから刺激が強く感じられるかもしれません。

脱毛サロンはより身近な存在になってきたけど、だからといって後先考えず利用するのはいかがなものかな?と思ってしまいます。

男でも脱毛クリニックに通ってるんです。わたしの友人男性の実話。

私は30台後半の男性。

昔から体毛が濃い方で、温泉やプールはもちろん、シャツの隙間から出る胸毛なども気になり剃っていました。

ただ、毎日剃るわけではなく、急に肌を露出する時に忘れていたりすると、気になりコンプレックスに近くなっていました。

そこで興味がありインターネットで調べると、最近は若い男性などの脱毛も進み、男性専用のクリニックなども多くあり驚きました。

そこで勇気をもって申し込みをしました。

脱毛方式についてはそれなりに調べ、ブラジリアンワックスや一時的な脱毛も検討しましたが、やはり料金が割高になっても永久に効果があるとされる、レーザーのほぼ永久に決めました。

個人各々意見が違うと思いますが、一度脱毛を実践した人は、その後も継続して実施すると聞いたので、それであれば最初からレーザーが良いのではと私はお勧めします。

脱毛自体は痛みやその後のケアについて考えましたが、耐えられない様な痛みはなく、後処理も普段の脱毛についての悩みや手間に比べれば本当に些細なものだと思います。

一考している人は、是非実践してみることをお勧めします。

本当に世界が変わります。
今度は顎まわりのヒゲも脱毛しようかと私は考えています。

初めて株を買った時の思い出

今から10年以上前になります。始めて購入した現在はなくなってしまった銘柄です。

それと証券会社も合併を繰り返して、今は別の証券会社になってしまいました。

最初から大金を投入するつもりはなく、10万円程度から開始することに決めていました。

最初、一円ぬけということが後になってからわかるのですが、購入していきなり株価がさがりました。

三万円程の損失でしたが、途方にくれて一か月ぐらいもっていると、あるひ俗にいうお祭りがやっていました。(動きの鈍い銘柄が活発に突然うごく)

ここぞとばかりに売却し、うまれて初めて7000円程の売り上げがでました。しっかり売却記録に黒字になっており、事実お金は増えているわけですごいなと思い増した。

当時は工場で交替制の勤務だったことが再々したのかもしれません。少しそれるかもしれませんが、現在より証券会社の口座手続きは面倒だったように思います。

始めてだからわからないのかもしれないですが、結局は銀行口座と一緒で本人確認とか判子の位置とか実はネット証券は店舗も少ないので、直接聞くこともなかなかできません。そこが一番苦戦したところですね。

今は、某ドラッグストア株を保有中

そしてマネー雑誌や会社四季報から、業績が安定していて値動きが荒くなく配当金と株主優待がある銘柄である某ドラッグストアの株式を購入することに決めました。

証券会社選びに際しては、対面型の営業をしている会社は取引手数料が高いため除外し、ネット証券会社を選択することにしました。

ただ、取引手数料が安いに越したことはありませんが、ツールの使いやすさ等を雑誌や口コミサイトで確認し、それらを元に決定しました。

初めて株を購入したときは、中長期視点で取引を行うと決めていたにも関わらず、一日に何回も株価を確認して一喜一憂していたのが今となってはいい思い出です。

30代が脱毛するときの注意事項

つぎに、30代が脱毛するときの注意事項ですが、効果などは20代と比べ変わりません。
ですが、妊娠中は脱毛ができないため、やりはじめても、しばらくは通えなくなります。期限等なければ、落ちついたとき、また通えば、いいと思います。

脱毛サロンの口コミも参考になりますが、1番は身近に通っている方がいれば、その方に聞いたほうが、断然信用があると思います。

もしワキを他サロンで完了している場合には、ワキ抜きのプランもありますので、ぜひ検討してみてくださいね。

ジェルは塗らないのでべたべたしないので、そこが気に入っています。

カミソリや毛抜きを使ったムダ毛の自己処理を続けて肌がダメージを受けている方は少なくないでしょう。
毎日のムダ毛処理にストレスを感じている方は、脱毛サロンに通ってムダ毛のないツルツルの肌を実現しましょう。

都内だけでもサロンの数は実に多いですから、自分の希望に合ったサロンを選ぶことがポイントになります。

脱毛で女子力アップ!ちょっと特別な1日を堪能
脱毛を私が始めたのは23歳くらいの時でした。
若いので水着も着たいのもあったり、肩を出せる洋服を着たりしたいなと思って、体験コースから始めたのがきっかけでした。

30代になると結婚や妊娠といった問題が増えてくると思うので、そのあたりは計画をきちんと立てて行わないといけませんね。
急に妊娠になると施術出来ない場合があるので要注意かなと思います。
キレイモですと妊婦さんは脱毛できないので、休止手続きをしましょう。

脱毛サロンに行くと大体1~2か月に1度のペースで通いますね。
すると、まず意識が私は変わりました。
やっぱりサロンで働いている方は肌がきれいだったり痩せていたりときれいな方が多かったので自分もそうなりたいと感じたのを覚えています。

行くときにおしゃれをするようになったり、女性部分に磨きをかけようという意識がものすごく強くなりました。

このようにタイミングを見計らう事は、意外と大切と言えます。

ライトシェア・デュエットでムダ毛根こそぎ排除しよう!

脱毛の施術に使用される脱毛機というのは、さまざまな種類の物があります。
ライトシェア・デュエットは多く用いられる、医療レーザー脱毛機の1つです。

ライトシェア・デュエットを用いるメリットとしては、高い脱毛効果が期待出来る事だったりします。

ライトシェア・デュエットは、毛質に合わせる形で照射出来るので太い毛だけでなく、産毛でもしっかりと脱毛効果を得る事が可能です。肌の深部まで照射したレーザーが届くので、得られる脱毛効果も高かったりします。

他にも大きな照射口を用いて施術を行う事で、マンションの売却体験記のように短時間で効果的な施術も実現可能な点は大きなメリットです。

そんなライトシェア・デュエットで注意すべきデメリットとしては、VIO等の小さな照射口で行う施術ではそれなりに強い痛みが生じるケースが多い事だったりします。

更に日焼けや色素沈着、黒子等で肌が黒くなっている部位には使用出来ない点もデメリットです。

肌が黒くなっている部位に使用してしまうと、火傷等のトラブルが起きるので注意する必要があります。

ライトシェアデュエット情報さらに追加してみたよ。

ライトシェアデュエットとは医療機関でよく使われているレーザー脱毛機器です。

ライトシェアデュエットのメリットは、他の脱毛機器とは違いメラニン色素への反応を加減できるので、痛みが抑えられます。
安心して使えますね。

また他の脱毛機器に比べ少ないレーザー量で効果を出すことができる為、皮膚への負担もあまりありません。

皮膚への負担も少ない為、冷却する必要もありません。

ライトシェアデュエットは他の脱毛機器より大きいので、一気に広範囲を施術できます。

その為時間短縮にも繋がります。
産毛など細い毛にも反応し効果を発揮してくれます。
またジェルが不要なところもメリットの一つですね。

一方、メリットがあればデメリットもあります。
まずは色白効果がないということです。

また、日焼けなどで黒くなってしまったお肌には照射できないことでしょうか。

あとは、ライトシェアデュエットで脱毛をした後にまた生えて濃くなることもごく稀にあるみたいです。

メリットとデメリットをしっかり把握した上で使いたいですね。

ライトシェアデュエットの情報を追加したよ。

ライトシェアデュエットは日本でも多く導入されている医療用レーザー脱毛器です。
世界初の医療や職の安全監視をする米国のFDA(Food and Drug Administration)の認可を受けております。

ライトシェアデュエットのメリットとしては、独自の吸引システムがすごく画期的で、痛みを軽減してくれること、わずかなレーザー量で劇的な効能が見られるのでお肌の負担が少なく安心であること。

なので、炎症が少なく照射前後に冷却する必要がないため、冷たさが苦手でも大丈夫なこと。

必要照射ヘッドが大きく施術時間がが従来のレーザーの約1/3短いといったものなどが挙げられます。

デメリットとしては毛の濃い部分には熱が凝縮されるような烈火のような痛みが肌の表面に走ってしまう面。

もちろん耐えられない痛みではないですが、全く痛みがないわけではない事が難点です。
また照射後に軽いヤケドみたいな痛みがじんわり続く事もあります。

ライトシェアデュエットは毛の濃い部分や体質によっては多少の痛みが生じてしまう事もあり、永久脱毛を考えている方にとっては完璧ではありませんが従来の脱毛機器と比べてかなりハイスペックになっていると言えます。